ホーム » レインコートのお手入れについて。

レインコートのお手入れについて。

レインコートの撥水性や快適性を持続させるには、日ごろのお手入れは大切です。
レインコートの素材の主流は、防水透湿性の素材です。雨などの水分は通さず、内側の湿気は外に出すという素材です。お手入れを怠ると、撥水性の低下や透湿性の低下にもつながります。
普段のお手入れとしては、濡れたら早めに乾いた布で拭き、ハンガーにかけて乾燥させます。袖口や襟の汚れは、ぬるま湯などで濡らして固く絞った布で拭きましょう。撥水性が落ちて来た時は、撥水スプレーをかけて、風通しの良いところに干しておきましょう。
最善のお手入れは、レインコートをこまめに洗濯することです。レインコートの内側にある、洗濯絵表示に従って、家庭でもお洗濯ができます。ファスナーや付属品によっては洗濯できない場合があります。その時は手洗いをしましょう。
レインコートは洗濯ネットにいれましょう。破損を防ぐために、ファスナーやベルクロは全て閉じておきます。洗剤や汚れの残留を防ぐために、フードなどは広げておきましょう。コード類は緩めておきます。
ぬるま湯に中性洗剤を入れて洗濯します。すすぎは2度行うことをお勧めします。レインコートの生地は防水性のものなので、すすぎは普通の洗濯の2倍がいいでしょう。洗剤の残留は、撥水性や防水性、透湿性などを低下させる原因にもなります。また、生地が水を通しませんので、脱水はしません。洗濯機の故障の原因にもなりかねません。生地を痛めないために、軽く押して水を切るようにしましょう。干す時は、風通しの良い場所で陰干しをしましょう。
撥水の性能を回復させるためにも、自然乾燥後はアイロンをかけます。中温で当て布をしてアイロンをかけましょう。
また、乾燥する前に生地が濡れた状態でウォータープルーフィングスプレーをかけてから、乾燥機に入れても撥水性の効果があります。
思わぬキズや破れが生じた場合は、補修シートなどを使い修理しましょう。破損個所の表側から補修シートを貼る方法とと、破損個所の裏側から補修シートを貼る方法があります。前者は応急処置と考えた方がよいでしょう。
レインコートのお洗濯同様、保管も大切なお手入れのひとつです。
生地にダメージを与えないよう、直射日光の当たる場所を避けましょう。
乾燥剤や殺虫剤などが直接レインコートの生地に触れないよう、気を付けましょう。
高温多湿を避けて、風通しの良いところにゆったりとハンガーにかけて保管しておきます。
常にレインコートを保ち、快適性を保ちましょう。