ホーム » 軽量折り畳み傘の活用について

軽量折り畳み傘の活用について

傘を持っていない時に急な天気の崩れによって雨濡れに遭った方は多いと思います。しかしながら一般的な長い傘を手にすると雨の降っていない時、特に電車や歩きでの移動の場合、大変邪魔となります。そのためどうしても雨が降るか降らないかの確信が持てない時は傘を持って行かなくなってしまいます。このように何度後悔しても繰り返してしまう経験が皆さんにもあるのではないでしょうか。その悩みを軽減してくれるのが折り畳み傘です。その名の通りコンパクトサイズに折り畳まれた傘であり鞄の中にすっぽりと収まります。ビジネスマンや主婦、学生など幅広く使われています。折り畳み傘の最大のメリットは大変コンパクトに収まるため使わない時は鞄の中にしまっておけば邪魔にならず、それでいて持っていればそれだけで安心感が得られるので非常に心強い存在です。ただ、その折り畳み傘ですが持ち運びが前提となるからには軽量のものでないといけません。幸い現在の折り畳み傘はあらゆる年齢層と生活層を想定しかなり軽量化が進んでいます。多くの折り畳み傘は中国を始めとする東南アジア諸国で製造され日本に輸入されています。一昔前の折り畳み傘は製品の品質が大変低く傘のビニールがすぐに解れていわゆる、傘の骨から外れることが多く見られました。さらに骨組みがもろく少し強い風に煽られるとすぐに反対方向に曲がり、二度と使えないものが殆どでした。しかしながら最近では日本メーカーが海外に進出したり、海外現地工場でも日本式の製造法を教育することで折り畳み傘の品質がかなり向上しています。軽量化ばかりに注目しもろい材質で骨組みを作っていた頃とは異なり、軽くて強度がありかつ骨組みがシンプルになったものが主流となっています。さらにデザインもビジネスマン向けから女性用、年齢層も多層に分かれておりラインナップも充実しています。100円ショップから有名量販店まで様々な価格帯で売られてはいますが、やはり低価格になればなるほど壊れやすい傾向があります。先述したような新化しても品質を重視した軽量折り畳み傘とは異なりただ安く作りたいがために骨組みを必要以上に簡素化しビニールの質も薄く弱いものを使った傘がそれらに当ります。価格帯としては500円から1000円の間であれば高品質な商品を購入することが出来ます。今後、入学、就職を迎える方々にとっては必須アイテムとなるのではないでしょうか。消費税増税前に購入しておくのも良いかも知れません。